*1209*

いい歳こいた女の愚痴日記

半月ぶり

気付けばあのケンカ(?)から半月

毎日朝早くから夜遅くまで働いてるヒゲに、なかなか2度目の会いたい催促はできなかったし。

今月はもう会えないだろうなと思ってた。

8月は2回しか会ってないや。

しかもそのうち1回は気まずい空気だったや。

 

月末で疲れたし早く寝ようと、シャワーを浴びて歯を磨いてたらヒゲから連絡が来た。

「今日来る?」

どうしようかな。またケンカみたいになったら嫌だな。

と思いながらも、会いたい気持ちが勝ったので支度した。

 

半月ぶりに会うヒゲ。

仕事の話を聞いたりしてたら「会うのいつぶりだっけ?」って話に。

お盆明け以来だよ。と返事をしたら「そんなに?」って。

そんなになんだよ。

 

都合よく(?)悪く(?)

ケンカっぽくなって気まずくなってから会ってないのだよ。

 

ちょっと精神的にキてるみたいなのはわかってたけど。

元が強がりで、イメージ的にも強く見られてる人だから

気を緩められてるのかな?って心配になった。

 

ヒゲはわたしをいつも年下扱いする。

それは、わたしがヒゲに甘えているからだと思う。

普段のわたしはヒゲ同様、強がりだしイメージ的にも強くみられている。

自分がしっかりしないとって思って生きてる。

そんな中、唯一心を緩められるのがヒゲの前だけなのだから、ヒゲから見たわたしは

しっかりなんてしてないし、ダメイメージなんだろうなw

 

また過度に期待はしないけれど、楽しみにしたいことを提案された。

実現するといいな。

ほんの少しの時間でも、わたしはすべてを帳消しにできてしまうくらい

会いたかったんだなーと改めて気づいた。